読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lmg-llcのブログ

超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。

老後と現実

何がしたいのか?
どうなりたいのか?
幾度も幾度も繰り返し自問してきたことだ

金が欲しい
もちろん金だけではないけれど
金があればある程度のことはできるし
ある程度のものはついてくる
ある程度の人間もついてくる

これは仕方のないことだ
金のない人間には誰もついては来ないし
出来ることも限られてくる
これが現実だ

サラリーマンでは難しいことは山ほどある
所詮は人に使われる身だ
収入も限りがある
出来ることも限りがある
頭を下げて首をすくめて生きていくこともできる

先日65歳定年退職する人の送別会で3人も見送った
会社を辞めてもやることはいっぱいあって忙しいと言った
ガイヤの夜明けを早送りで見ていると自慢していた
パッピーリタイヤ、おめでとう
毎日が日曜日になって
何もすることがなくなって
長年の疲労と精神的緊張が取れて
一挙に老いが加速して
いつしか誰からも相手にされなくなって
静かに、静かに毎日を過ごして
そして一人で生きていくこともできなくなって
忘れられ……

そんな一生どうですか?

私が目指すのは「生涯現役」だ

草笛光子は80歳を過ぎなお役者をやり続けている
大物役者は皆そうだ、現役のまま死んでいく
病で倒れた役者も、現役復帰を目指して
何歳になっても頑張っている
杉原輝夫もがん手術よりも生涯一プロゴルファーの道を選んだ
そしてゴルファーとして死んでいった
ポールマッカートニーも70歳を過ぎいまだ現役を続けている
ミックジャガーもいまだロックンローラー

高齢化社会を迎え
引退、定年、隠居という言葉さえ死後に成りつつあるのではないのか

夢を追い続けて生きよう、死んでいくまで
やり続けて生きよう、死んでいくまで
愛し続けて生きよう、死んでいくまで

野心ということではないが
いつまでもギラギラとした夢を持つ必要はある

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

老後とスティーブジョブズ

「起業家は未来を見据え、狂人のように働く」スティーブン・ジョブス
これからの20年は大変な時代を迎えることを皆きも見命じておかなければならない。
20年後の日本は何と60歳以上の老人が4割、20歳~60歳までの勤労世代より人口が多くなる。人口の減少1300万人、なんと東京都1個分の人がいなくなる。
それに伴う需要の減少、人々はもう物を何も買わなくなる。老若男女すべてだ。
欲しいものがなくなる。必要なものがなくなる。買うためのお金がなくなる。
そんな時代に突入する。
<しがらみとどう決着をつけるのか。人はしがらみの中で生きている>
 年老いた親、家族や恋人との関係などもしがらみになる。
<日本の住宅の4割が空き家になっている>
シャッター商店街の益々の増加。ハウスメーカー、マンション建設会社の倒産。
 代ゼミの撤退
 私立大学の4割が定員割れ
日本の総世帯数の減少
「迷ったときは難しい方の道を選べ」
結局のところ自分の人生は自分で決めなければならない
意味も無く決断を遅らせ悩み続けることは避けなければならない
多くの場合決断を遅らせれば
遅らせるほど選択肢は少なくなる
 実際にどちらかの道を選ばなければならない
最後は自分で決めなくてはならない
 自分の直感、運命、人生、カルマ〔宿命〕を信じなくてはならない
 たとえそれが人と違う道を行くことになっても


ようするに年金は減らされ年寄りの生活は苦しくなる
また税金が上がり若い人たちの生活も苦しくなる
すると物を買わなくなる、それでなくとも老人ばかりになり買うものもなくなる
需要が激減し、企業が衰退する
税収が減り国の借金が増加する
20年後の日本はお先真っ暗だ
これから20年後、年金は間違いなく減らされる
もしかしたら夫婦で15万円かもしれない、いや10万円かもしれない
いやもっと減らされ5万円かもしれない
だが家さえあれば最低限5万円でも暮らしてはいける
妻と二人月10万円で生活出来ることが分かっただけでもいい

「働きたくても働けない」「働かなければ暮らしていけない」
これは現代日本で急増する高齢者の切実な言葉だ
若者にもなかなか見つからない仕事が高齢者に簡単に見つかるはずがない
何かひとつ特技を、人よりも出来るプロ級の何かを
持つことを勧めよう
年老いても特技とプロ級のなにかそしてそれを生かせる仕事を持つべきである

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

老後に同じ誰かが隣にいてくれる幸せ

人生にほのぼのとした幸せなどあるのか?
あるのかもしれないしそんなものないのかもしれない
人生は戦い終わってふと横を向いた時に
長い間同じ誰かが隣に居てくれているのかで幸せは決まるのかもしれない

NHKドラマ 「55歳からのハローライフ キャンピングカー」から
人材派遣会社担当者
「自分は何ができるのか? 何をやりたいのか? 
どんな夢を持っているのか? この3つを柱に自分史を書いてきてください」

この3つの柱は私が何年も前から考え続けてきたことだ
やはりここにたどり着いてしまうのか

会社を定年でもなんでも放り出されてしまったら
会社人間は裸にされたのも同然だ
そんな時金がなければ、だれも相手にしてくれなくなる
酒も飲めなくなる
たとえ金を持っていたとしても
ただの老人をこの忙しい世の中、だれが相手にするものか
たまに相手にしてくれるのは
同じ境遇の裸になった老人だけだ
それと元会社のOB会
それとデイケア―サービス
それと仕方なしに古女房
運良くボランティアのガイドぐらいか

仕事もなく金もない会社を辞めた人間を誰が相手にしてくれるのか?
たぶん誰も相手にはしてくれない
若い奴らは絶対に相手にしてくれない

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

老後も道は開ける

そして自分が歩くべき道は一本しかないのだ
歩くべき道を変えることは難しい
誰もがそう簡単には変えられない

ほとんどの人は同じ道を何十年も歩き続ける
上っていようが下っていようがどうしようもない
しかし不思議なもので道は変えられなくても
頑張れば、今の勝利を積み重ねていけば
道は開けてくる
諦めれば道は狭まる、益々歩くのが困難になる
細くなり、デコボコになり、ぬかるみ、暗く見えにくくなる
それでも仕方なく歩き続けるしかないのだ
益々前に進めなくなり歩く距離は短くなる

しかし勝利を積み重ねれば道は明るく、平坦になり
太く、舗装され歩きやすくなり、歩いて行ける距離も長くなる
道が開けるのだ

道は変えられないのだから
目の前の道を歩き切るしか方法はない

勝敗は紙一重の集中力の差で決まる
我欲で突き進むものは最後には敗れ去る
無欲で集中力を高められたものは最後に勝てる

人生は勝負とごろでの力の出し方で変わる
独身の男女は結婚に勝負を賭ける
職業を決めたものはその仕事に勝負をかける
独立を決めたものは人生を賭け勝負する

しかし独立は今の時代そう簡単ではない
プロのアスリートになるのも同じだ
芸能人だろうがプロ歌手だろうが役者だろうが
華やかなに見えるもの皆同じだ
生き残れるのは、夢を手にすることが出来る者はほんの一握り
大多数は挫折を味わい、消えていく
独立して社長に成るのも同じだ
心技体、そして才能、そして他の要素も必要だ
金しかり、それと何か違う要素がいる

紙一重の勝利が必要だ
ギリギリの集中力を高めろ
紙一重で勝てれば、目の前の道は大きく開けるのだから


迷ってはダメだ
自分の信じた道を進むだけ
今は薄暗く細く険しい道だとしても
信じた道を進んでいけば
必ず道は開け明るく広くなる

目の前の苦しみと戦って
目の前の悲しみに耐え
目に前の寂しさを受け入れて

戦って、戦って耐え忍び戦って
勝っても負けても戦いが終わり解放されたとき
全ては真っ白に灰になる
優しい笑顔が戻った時に
あなたは温かな家庭に、古女房の側に帰るから

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

rougoと紙一重

誰だって必死に戦って、勝ちたいと願っている
誰だって全力を出し切って、紙一重のところで勝利を収めたいと思っている
誰だってギリギリのところで頑張って、水面から顔を出したいと願っている

どんなに浮上したいと頑張っても
そう簡単ではない
何かに頭上を遮られたり、押さえつけられたり
運が悪く、何かにぶつかったりもする

力のないものはそのまま、海底まで落ちていく
根性のあるものは、一度沈みかけても、再浮上してくる者もいる

また運よく海面から顔を出しても、誰かに足を引っ張られ、再び沈みだす者や
浮かれてしまって勘違いし、重りを抱いて、沈みだす者もいる

人生はいろいろである

何もなくていい
ただ静寂があればいい
筆の音だけが辺りに響いている
心の中も筆の音だけ響き渡る

時折耳をすませば、風の音がする
わたしの心を和ませる
雨が降れば、雨の音
晴天になれば小鳥のさえずり

そして私は一心不乱に筆を走らせる
音楽も要らない、研ぎ澄まされた神経だけが
わたしを見知らぬ世界へと導く

ほんのちょっとした糸のような繊細な差が
天国と地獄を決める
そこには誰も見たことのない集中力が必要となる
それには心が透き通るような静けさと張りつめた精神の緊張がいる

欲しいものは「無の境地」だ
そこには集中力以外の何物も存在しない
雑念も無い、欲も無い、心の迷いも無い
悲しみも無ければ喜びも無い
怒りも無ければ寂しさも無い
「無欲の境地」
欲しているのはギリギリの集中力のみだ

過去も無ければ未来も無い
今があるだけ、今この瞬間の集中力があるだけなのだ
過去は終わったこと
未来はこれからのこと
今がなければ何も始まらないのだ
今を集中力で乗り越えていくだけ
人生は今の積み重ねでしかないのだから

勝者もいなければ、敗者もいない
勝者と敗者は今という瞬間に入れ替わる

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

老後と興奮

人生が不毛なのか?
それとも私が興奮しているのか
愛に飢えているのか?
今ある愛に物足りなさを感じているのか
孤独を感じているのか?

いやすべて違っている
物足りなさを感じているのは自分自身になのだ

ならばどうなれば満足を感じられるのか
しかしその瞬間は永遠に訪れないのかもしれない

誰にでも輝ける瞬間は訪れる
しかし永遠に勝ち続けることは不可能だ
誰だって負ける時が来る

そして誰にだって目標がいるのだ
こうなりたい、ああなりたい
貪欲な目標がいる

人生という不毛の地を
人は皆彷徨いながら生きているのだから

だからこそ生きる為の目標がいるのだ
どうなれば、たとえそれが瞬間であろうとも
もっとも自分自身を輝かせることができるのか
人は皆、自問し模索しながら生きている

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

老後と摩擦

すべてに満足しているわけではないが、ほぼ満足している
だがどこか満たされないところもある
なぜだろう? いったいどの部分なのか?
そりゃ細かいところを言えばいろいろある、だが違う
人の人生とは大方このようなものなのだろう
人生に100%のパーフェクトなどあり得ない
野球なら何十年に一人パーフェクトを達成するピッチャーはいるが
人生でパーフェクトを達成するパフォーマーはいない

もしかしたら満たされない部分が残っているから
諦めずに前に進む力が出るのかもしれない
もし100%満足してしまったら、それとも100%諦めてしまったら
人の人生はそこで止まってしまうのかもしれない

もう少し、もう少しだけ満足したい
その気持ちが人を前に進ませる
もう少しで夢がかなえられる
夢を実現しようと思ったならば
周りとの摩擦を恐れてはいけない
しかし周りに敵を作ってもいけない
そして周りに出来るだけ多くの味方を作ることだ

人は一人では生きてはいけない
しかしやるべきことは一人でしかできない
しかし多くの人の理解があって初めてことが成し遂げられるのも事実だ
夜に部屋でお気に入りの椅子に座って
一人で考えに耽る
それが事を成し遂げる原動力になるのだろう
しかし人は事が成し遂げられた後も
たぶん夜に一人で椅子に座って考えに耽っているのだろう
変わらない、何も変わらない
人は一人で生まれ一人で死んでいく
人はやるべき事もやれるべき事もやっている事も
生まれてから死ぬまで何も変わらないのだ
ただ変わるとすれば周りの環境が変わっていくのだ
味方を増やした人間は成功する確率が高くなる
味方が少ない人間はいつかつまずき必ず失敗する
そう言う事なのかもしれない

素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません

伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄